越前今庄生そば

福井県 越前今庄生そば 10食
販売価格:3,394(税込)
のし
定期購買
記入欄
セット
福井県 越前今庄生そば 6食
販売価格:2,263(税込)
のし
定期購買
記入欄
セット

00008-04
00008

越前そば発祥の地「今庄」

全国を渡り歩いていると、例えば長野や島根県出雲のように各地で旨いそばに出くわす。四国生まれの私としては本来うどん派なのだが、全国的に見るとそば派の地域が多い。今回ご紹介する福井名物の「越前そば」もその一つだ。

福井(越前地方)では祝い事や行事には必ずそばを打つ習慣があったほどそば好きの地域である。越前そばというと、冷水でしめたそばに大根おろしとつゆをぶっかけ、鰹節とネギをのっけたシンプルな食べ方で全国にファンも多い。

越前そばの歴史は古く、江戸時代まで遡るそうだ。現在の福井県越前市武生あたりを中心に広まったという。その越前市の南に位置する今庄は、四方を山に囲まれた土地で、玄そばの産地でもあり、旨いそばが食べられるところでもある。

今庄に地元のおばあちゃんたちが作るうまいそばがある!

福井訪問の目的はいくつかあったのだけれど、以前、福井市内で越前そばを食べて、「旨い!!」という驚きの印象があって、今回はどうしてもそばを作っている方を訪問したかった。事前に福井県庁の東京事務所の面谷さんから情報をいただき、入念に訪問先を検討したのだ。県内には多くの越前そばのメーカーさんがあるが、そばの生産地である今庄に位置し、地元産そばにこだわっているココしかない!ということで有限会社ほっと今庄さんを訪問することにした。

福井駅から鉄道で敦賀方面に南下し35分ほどで今庄駅に到着。駅には社長の山口さんが出迎えてくださって車で数分で工場併設店舗「そば処おばちゃんの店ほっと今庄」に着いた。
00008-37
ほっと今庄さんは、町内の女性グループが中心になり、平成4年から農協の加工施設を借り受けて今庄特産のそばをテーマに料理や加工品を作っている。今庄にこだわり、誇りを持ってそば作りしている皆さんは活き活きしてましたよ。

00008--02

そばは地元今庄産100%!そばのそばを丹念に石臼で挽く!

今庄では60町歩ほどのそば畑があるそうだ。今庄のそばは小粒で皮が薄く身が詰まっているのが特徴。このそばを丹念に石臼で挽いていく。

00008--01
しかし、この石臼挽きがとっても時間がかかって大変な作業なのだ。年末に向けた繁忙期には夜通し石臼を廻す日もあるとのこと。
それでも石臼で挽くのは、機械挽きと比べてそばに熱が加わりずらいというメリットがるからだ。そばは熱を加えると風味が飛ぶため熱は大敵なのである。
手間と時間はかかってもそば本来の風味を大切にするこだわりが「ほっと今庄」さんの最大のポイントだろう。
00008-33
00008-34

石臼挽きは機械挽きに比べて生産効率が著しく低い。当然コスト的には高いものになるが、ほっと今庄さんの生そばはお手軽に買える価格帯に抑えているところが素晴らしい。
00008-36

じわりじわりと挽かれてそば粉になっているのがお分かりいただけるだろうか。下の写真は50メッシュをかけた後のそば粉だ。そばの風味を一番引き出すことができるやや粗めの粉に挽いている。
00008-35

そばが打てないと嫁に行けない!?

「そばが打てないと嫁にも行けない!?」と、その昔今庄では言われていたそうだ。今でも各家庭でそばを打つ機会も多いという。今庄には「そば道場」なる場所があり、そこでは地元のおばちゃんたちにそば打ちを教わることができる。ここでは、そばを打つということがとても身近なことなのだ。
ちなみに、ほっと今庄さんでは機械打ちと手打ちを併用しており、手打ちは併設店舗での提供用で、機会打ちはパック販売用となっている。
00008-06

ここからは、そば打ち見学の様子をご紹介。まずはこの立派な大理石のこね鉢で下のようなそば玉を作る。
00008-07

ベテランの澤崎さんにそば打ちを見せていただいた。
00008-08

手際よくそば玉が伸ばされていく。
00008-09

時折打ち粉を振りながら、みるみる薄くなっていく。
00008-10

くるくるっと巻きながら、破れないように均等な薄さになっているのが絶妙だ。
00008-11

やや四角っぽい形になってきました。ホントこの伸ばしは熟練の技です!
00008-13

あっという間にこの大きさに。
00008-14

そして、ひとまわり小さい麺棒で仕上げの厚さにしていく。写真では分かりづらいかもしれないが、ここまでの大きさに均一に伸ばしつつ、穴が開かないようにするのは相当難しいのだ。
00008-15

打ち粉をしながら、折りたたみ・・・
00008-16
00008-17

切りやすい大きさになった。
00008-18

たっぷり打ち粉をして、さあ、切ります!
00008-19

トン、トン、トン、とリズム良く。
00008-20
00008-21

こちらが完成した“そば”。打ちたてのそばの香りが、ふんわり香ってくる。
00008-05

機械で打ったそばでも、手作業で計量し、パック詰めしていく。
00008-22

原材料にも、福井県今庄産のそばと表示している。ここまで原料にこだわった“そば”はなかなかないぞ。
00008-23

そばはゆで方で決まる!

打ちあがりを見て、このそばを食べない手はない!

ということで早速、工場併設の店舗でいただくことにした。家庭でこれほどの大鍋は用意できないと思うが、できるだけ大きな鍋で茹でるのが美味しく食べるコツだ。
00008-24

必ず、煮立ったところでそばを入れること。吹きこぼれないよう注意しながら約5分茹でる。
00008-25
00008-26
00008-27

茹で上がったらそばを手早く冷水にとり、表面のぬめりをとりながら軽くもみ洗いする。
00008-28

ツヤやかに茹で上がったそばは見るからに美味そうだ。
00008-29

越前そばといえば、”おろしそば”

越前そばといえば、大根おろしをのっけた「おろしそば」が主流だ。昔は大根おろしの汁を絞り、そこに醤油だけをかけて食べたそうなのだ。つまり大根おろしは薬味ではなくつゆの一部だったのである。
00008-30

そこから進化して、現在では昆布やかつおの風味がきいた冷たいだしをぶっかけ、山盛りの大根おろしと鰹節、薬味のねぎを乗っけて食すスタイルへと変化したのが「越前そば」なのである。

大根のピリッとした辛味が、出汁の利いたつゆと、そばの豊かな風味にマッチしている。そば自体も程よいコシをもっていて薬味と共に喉をするりと通り過ぎていく。
00008-31

「ほっと今庄」さんでは女性が中心になって、本当にこだわった旨いそばを作っている。皆さん、主婦という立場もあり、「家族の健康を守る」といい視点で、なるべく添加物や防腐剤などを使わない。そのため賞味期限は製造から一週間と長くないが、原料にこだわり、製法にこだわった、絶品のそばであることは間違いない。皆さんもこの“究極の”そばをご家庭でも味わってほしい。

00008-04

 

福井の情報はこちら

◆福井のお昼のお店情報

◆福井の夜のお店情報

◆福井近郊の観光情報はこちら

商品のお届け状態

越前今庄生そば

この包装箱に入れてお届けします。

越前今庄生そば

10食入は
2食入パック×5パック(つゆも10食分)

 6食入は
2食入パック×3パック(つゆも6食分)

越前今庄生そば

こだわりの福井県今庄産そば100%の味をお楽しみください。

福井県 越前今庄生そば 10食
販売価格:3,394(税込)

のし

定期購買

記入欄
セット
商品番号
00008 賞味期限 製造から冷蔵保存で一週間
商品名
越前今庄生そば 10食 送料区分 送料別
税込価格
¥3,394 配送タイプ
福井から発送(クール)
税別価格
¥3,143 在庫 在庫有り
保存方法

■無添加ですので冷蔵庫に保存し、お早めにお召し上がりください。

■一度に召し上がれない場合は冷凍もできます。(袋のまま冷凍してください)

■つゆ付です。


表示
製造者 ほっと今庄
福井県 越前今庄生そば 6食
販売価格:2,263(税込)

のし

定期購買

記入欄
セット
商品番号
00009 賞味期限 製造から冷蔵保存で一週間
商品名
越前今庄生そば 6食 送料区分 送料別
税込価格
¥2,263 配送タイプ
福井から発送(クール)
税別価格
¥2,096 在庫 在庫有り
保存方法

■無添加ですので冷蔵庫に保存し、お早めにお召し上がりください。

■一度に召し上がれない場合は冷凍もできます。(袋のまま冷凍してください)

■つゆ付です。


表示
製造者 ほっと今庄