日の出 こだわりのさぬきうどん

香川県 日の出 こだわりのさぬきうどん3パック SCO-3
販売価格:1,620(税込)
のし
定期購買
記入欄
セット
香川県 日の出 こだわりのさぬきうどん4パック SCO-4
販売価格:2,160(税込)
のし
定期購買
記入欄
セット

00016-08

もはやブームではない!完全に日本の食シーンに定着した”さぬきうどん”

今回は香川県にやってきた。目的は、ズバリ“うどん”である。香川県が『うどん県』として県のPRをしているが、実にしっくりくるキャッチフレーズだと思う。「うどん県、それだけじゃない香川県」とフレーズが続くように香川にはオリーブや醤油など素晴らしい特産品はたくさんある。しかし、うどん抜きには語れない県でしょう。振り返ってみると2006年に映画『UDON』が公開されて、香川=うどんは一気に全国区になった。それ以前から関西圏を中心にうどん人気は高かったが、関東圏でもだしの効いたつゆでこしのあるうどんが広く食べれるようになったのはこの頃からだと思う。また、全国各地を見ても、柔らかいフニュフニャの伊勢うどんや、細い乾麺タイプである稲庭うどんなど、バリエーションは様々だが、もし、小麦麺のオリンピックがあるならば、日本代表はさぬきうどんを置いて他にないはずだ。

ひとえに”さぬきうどん”といっても奥深きものがある!

これから香川を訪れてさぬきうどん巡りをする方もいるかもしれないので、はじめに香川でうどんを食べるときのルールというか決まり事を押さえておこう。もし知らずに初めてうどん店に入ると戸惑うこと必至である。

まずは、うどんの提供方法でお店のスタイルが違ってくる。主に3つの形態があるが、価格帯やサービスの程度が違うので、それぞれの特徴を楽しみながら巡るのが面白いだろう。

【お店のスタイル】
1.一般店
普通の飲食店のスタイルで、席まで注文を取りに来てもらえる。支払も後払いが多い。

2.セルフ店
お店に入るとカウンター越しに注文し、トッピングを自分で選び、だしも自分でかけるスタイル。自分で茹でるお店もあるので、まずは店に入ると“自分は何をするべきか”を瞬時に判断しなければいけない(笑)
(オーバーに書きましたが、実際分からなければ恥ずかしがらずにお店の方に聞いてください。親切に教えてもらえます)

3.製麺所
製麺工場の一角の飲食スペースで食べることができる。注文方法などはセルフ店に近い。香川ならではの形態なので個人的には一番好き。

次に、メニューは大きく分けて、

1.かけ=だし汁をかけて食べる。
2.ぶっかけ=濃いめのだしをかけて食べる。
3.しょうゆ=醤油をかけるて食べる。
4.釜あげ=ゆで汁ごと盛られたうどんをつけだしに浸けて食べる。
5.釜たま=釜あげの温かいうどんに生卵を入れ、醤油かだしをかけて食べる。

などがある。

そして、上のメニューに、どのような温度のうどんを合わせるかで味わい方も違ってくる。主に3つに分かれる。

【うどんの温度】
1.ぬる
5秒ほど冷水でしめた、ほんのり温かいうどん(一番小麦の味が分かるように思う)

2.あつ
温かいうどん(ハフハフしながら楽しめる基本型)

3.ひや
冷水でしめたうどん(うどんのコシを楽しめる)

最後に、麺の温度の違いとともに、どんな温度のだし汁をかけるかで呼び方が違う。
あつあつ=熱いうどんに熱いだし
ひやあつ=冷たいうどんに熱いだし
あつひや=熱いうどんに冷たいだし
ひやひや=冷たいうどんに冷たいだし
※熱いうどんを温い(ぬくい)うどんとも言う。

さあ、皆さん分かりましたか? うーんなんだか複雑・・・と思われたとしても大丈夫!うどんは大衆食なのだから、へんに通ぶったりする必要はないのです。自然体で自分が美味しいと思えればいいのだ。一杯のうどんは高くないので、自分好みのうどんに出会う旅と思って、何杯でもいろんな食べ方を楽しんでほしい。

地元のみならず県外にもファンの多い、注目の製麺所を訪ねた!

今回の訪れたのは行列の絶えない『日の出製麺所』だ。日の出製麺所は映画『UDON』にも登場したのだけれど、昼の一時間しか営業していないため、主演のユースケサンタマリアやトータス松本がお店の前まで来ながらうどんを食べることができなかった、というエピソードで描かれたお店だ。食べられる時間が限られているからこそ食べたくなるのが人情でしょう。こうして昼の一時間の営業を目指して県外からもファンがやってくるのだ。
00016-11

私が訪れたのは平日11時20分くらいのオープン前だったけれど、遠目でも開店を待つ行列が!
00016-12

少し早めに開店したようで、行列はするするとお店の中に吸い込まれていく。遠方から来たお客さんでしょうか、写真撮ってます。
00016-13

お店の外には、うどんで表彰されたトロフィーが並ぶ。日の出製麺所さんの真骨頂はうどん作りに対するこだわりとその腕前にあるのだ。
00016-33
お話を伺ったのは三代目の三好修社長。

【とても謙虚なうどん作り】
県外にもその名の知れた製麺所なのだけれど、三好社長は気取らず、力まず、とっても謙虚な姿勢でうどんを作っている。

「こんなの作ってみました、食べてみてください」

というスタンスなのだ。美味しさが自己満足にならないように、と常に気をつけているそうだ。

【伝統的なうどん作りと、新しいうどん作り】
さぬきうどんといえば、ご存知“コシ”の強さが特徴だ。スーパーで売られている冷凍さぬきうどんには、小麦だけでなく、でんぷん(主にタピオカでんぷん)を入れて作られているものがほとんどである。でんぷんを加えると、もっちりぷるんとした食感になるのでこの食感を“コシのあるうどん”だと思っている人もいるかもしれない。また、冷凍うどんだけでなく、お店でもでんぷん入りうどんを出すお店もあるらしい。しかし、小麦以外のものを入れるということは小麦の風味を薄めてしまう、ということでもある。日の出製麺所ではでんぷんは入れない。三好社長いわく、

「小麦と塩だけでどれだけ味を引き出せるか」

に挑戦しているのだ。
そして、小麦を極める姿勢がスゴイ。最近は小麦を8割研磨した粉から作るうどんにも挑戦している。これは日本酒で言えば、磨きに磨いた米で仕込む大吟醸酒を作るようなもので、小麦を磨いて外側の8割を磨き落とし、中心の2割の部分だけを粉にしたもの。磨くことでタンパク値が低くなり、扱いづらい(うどんを作りづらい)粉になるのだが、雑みのない味の良いうどんができるそうだ。

【目指すは世界食!】
三好社長の想いは続く。

「純粋に、うどんを食べる人が増えたらいい、と願っている」
「うどんを世界食にしたい」

と、もはや日本を飛び出し 世界を見ていた!実際に三好社長はニューヨークでさぬきうどんのPR活動なども行っている。さぬきうどんの進撃はまだまだ続く!

【日の出製麺所】
香川県坂出市富士見町1丁目8-5
営業時間:11時30分〜12時30分の1時間


大きな地図で見る

日の出製麺所のうどん作り

香川県の中でも、日の出製麺所のある坂出市は古くから塩の町で有名なのだ。
また、香川県内に4つある製粉会社のうち3社が坂出にあり、原料調達の環境も恵まれている。うどんは、小麦粉と塩を練り合わせ茹でるだけの、簡単、単純な食べ物だが、それだけに製造方法の違いだけで味に大きな差が出る。
00016-29

【うどん作りのこだわり】
三好社長いわく、熟練の職人が、練り上げて、寝かし(熟成)、たたんで押さえ、また、たたんで押さえて寝かし、また、たたんで寝かせる・・・何度もこの作業を繰り返していると、

「今や!今やで!すぐ伸ばして切ってくれ!」

と言っているがごとく、生地が最高の状態になるそうなのだ。それ以上練れば傷んでしまうし、それ以下では物足りないうどんになってしまう。
この一瞬の生地の状態を見極めるのも職人の技なのだ。

【小麦粉のこだわり】
うどんに適した地粉(香川県産)と外麦(主にオーストラリア産)を使用している。
小麦粉選び(目利き)と、複数種類の配合は日の出さんが独自に配合し、“日の出製麺所独自”の味に仕上げている。
今回ご紹介する、「こだわりのさぬきうどん」はこれらのブレンドであり、
「さぬきの地粉うどん」は香川県産の「さぬきの夢2009」を100%使用している。

【塩のこだわり】
うどん作りに塩は欠かせない。その日の温度、湿度によって加減しなければ一定の品質のうどんにならない。そして、うどんに向く塩と向かない塩があるそうで、日の出製麺所独自の小麦粉に一番合う塩を使っている。

00016-30
お店の脇には持ち帰り用のうどんやだしが並ぶ。香川の方々にとってはお店(製麺所)でも食べ、自宅でも食べと、いっときもうどんから離れたくない、という“うどん愛”が半端じゃないンです。

00016-32
【さぬきの夢2000について】
皆さんご存知だと思うが、日本は小麦の大輸入国だ。実に国内消費の約90%は輸入に頼っている。
そんな中、香川県ではうどんに向く小麦の開発を進めてきた。
そして2000年に出来上がったのがこのさぬきの夢2000なのだ。
ちなみに、現在はさぬきの夢2000をさらに磨きをかけた2009が流通している。

00016-31
【だしのこだわり】

瀬戸内海は伊吹産のいりこと、北海道利尻産の昆布でとった日の出製麺所特製のだし醤油。これがまた茹で上げたうどんに少しかけるだけでバツグンに旨いんです。

食べ方も奥が深いぞ!うどん食べ比べ

それではお楽しみの、うどん実食です!

テーブルに置かれた、温泉卵、油揚げにネギ。基本的に、お客さんは何を食べたか自己申告制だ。最後のお会計時におばちゃんに伝えると、手早く暗算で○○円ね!と計算してくれる。
00016-14

テーブルに並ぶ、各種だし類。オーダーしたうどんは基本的に何もかかってないので、お好みでかけだしを入れるか、ぶっかけつゆをかけたりするのだ。
00016-15

前述のさぬきの夢2000を使ったうどんも食べられる。※現在はさぬきの夢2009です。
00016-16

まずは、ぬるいうどんからスタート!
まずは日の出製麺所のうどんの味(『小麦の味)を知ってもらいたいという三好社長のはからいだ。

ちなみに、茹で時間は
“あつ”で15分ほど。“ひや”だとちょっと長めに17、8分。
“ぬる”は15分ほど茹でて5秒締めるのだ。
00016-17

上の写真は軽くだし醤油をかけたところ。これはいわるゆ醤油うどんの食べ方。だし醤油は味がしっかりしているので、うどんに軽くまとわせるくらいでちょうど良い。
00016-18

お次は、温かいかけだしをかけていただきます。少し天カスをかけるだけ。存分に小麦の風味を味わう。
00016-19

具がなく寂しく見えるかもしれないが、うどんそのものがバツグンに旨いのでスルスル食べれるのだ。まだまだ食べますよ。
00016-20

お次は、「ひや」で。ひやは17,8分とあつよりもちょっと長めに茹でて冷水でしめる。この食べ方はコシを味わうのに適している。
00016-21

こちらもだし醤油を軽く廻しかけて食す。いやぁー旨いっす!!小麦の味がしっかり伝わってくる。
00016--02

ご覧ください。つるっつる、しこしこの絶品うどんです。
00016-22

そして、出ました!釜玉!!
うどんは「あつ」でいただきます。シンプルに生卵が一個入っているのみ!
00016-23

かけ以外はこの日の出製麺所特製「だし醤油」でいただいたのだが、このだし醤油、実にパンチが効いている。
香川県は醤油どころでもあるので瀬戸内のいりことは最高の相性なのだ。
※残念ながら当サイトでは販売していません。m(__)m
00016-24

とろっと卵がうどん全体にまとわり卵のコクと小麦の柔らかい風味が重層的な旨さに変化している!
00016-25

ここまで、ひたすらうどんを食してきたが、ちょっと箸休めにちくわの天ぷらをいただく。
写真は撮ってないのだけれど他にもげそ天や味付け揚げ、味付玉子などいろいろありますよ。
00016-26

そして最後に、なんと、裏メニューの「カレーうどん」!!!店頭のメニューには載っていないがオーダーすると出してくれるそう。このカレーうどんを始めるきっかけは、常連の方が

「毎日うどんだと飽きるんだよね」

という声を聞いた三好社長が「じゃあカレーうどんで気分を変えて」と出すようになったとか。うどんに飽きてカレーうどん(笑)それだけ香川県人はうどんが好きということだ。

00016--01

粉の違いで、出来上がるうどんも違う。これであなたもうどん通!

00016-27

さて、ここまでさまざまなうどんの食べ方をしてきたのだが、肝心の小麦によるうどんの違いについても書いておこう。
まずは、「さぬきの夢2000」
オーストラリア産などの外麦よりも、ねばりがあり、、柔らかくもっちりしたうどんが出来る。小麦の風味も申し分ない。ただ2000はとても扱いづらく、うどんが切れやすかったりして職人泣かせの小麦だったそうだ。それも品種改良された2009になり、大きく改善されたそうだ。
00016-28

お次は、「日の出製麺所オリジナルブレンド」
こちらは、国産小麦を数種類ブレンドしている。これは単に混ぜ合わせているのではない。それぞれの小麦を目利きし、配合比率、塩の量、練り方など、絶妙なバランスでブレンドしているのだ。
ん?写真だとどっちがどっちか分からない!?そんな方は両方購入して食べ比べてください!

ご家庭でも本格さぬきうどんが食べられるぞ!

00016-07
セットには「特製ぶっかけだし」と「うどんつゆかけだし(濃縮タイプ)」がついている。写真の特製ぶっかけだしは、だし醤油と違い、ほどよい量をバシャっとかけて、まぜまぜして食す。

00016-09
トッピングは、シンプルにおろし生姜と青ネギがおすすめ。断然白ネギよりも青ネギです。小麦の風味とコシを味わってください。

その他、天ぷらやかき揚げをトッピングしたり、うどんつゆをお湯で溶いて“あつあつ”もいいですよ。 お好みで召し上がってください。
00016

00016-10

さあ、皆さんも本場さぬきの味をご堪能あれ!

香川のお店やうどん巡り情報はこちら

◆うどん県のうどん巡礼記その1

◆うどん県のうどん巡礼記その2

◆うどん県で夜も食い倒す!

 

商品のお届け状態

日の出 こだわりのさぬきうどん

この包装箱に入れてお届けします。

日の出 こだわりのさぬきうどん

4パック入は
うどん300gが4つと、
つゆは“かけだし”と“特製ぶっかけだし”もそれぞれ4パックづつ入っています。

3パック入は
うどん300gが3つと、つゆはそれぞれ3パックづつ入っています。

日の出 こだわりのさぬきうどん

こだわりのさぬきうどんの味をお楽しみください。

日の出 こだわりのさぬきうどん

「特製ぶっかけだし」はストレートで。
「かけだし」は熱いお湯で伸ばして、だしうどんとしてお使いいただけます。

香川県 日の出 こだわりのさぬきうどん3パック SCO-3
販売価格:1,620(税込)

のし

定期購買

記入欄
セット
商品番号
00015 賞味期限 製造から冷蔵保存で一週間
商品名
日の出 こだわりのさぬきうどん3パック SCO-3 送料区分 送料別
税込価格
¥1,620 配送タイプ
香川から発送(クール1)
税別価格
¥1,500 在庫 在庫有り
保存方法

■無添加ですので冷蔵庫に保存し、お早めにお召し上がりください。
■一度に召し上がれない場合は冷凍もできます。(袋のまま冷凍してください)
■つゆ付です。
■原料に小麦を使用しています。

表示
製造者 日の出製麺所
香川県 日の出 こだわりのさぬきうどん4パック SCO-4
販売価格:2,160(税込)

のし

定期購買

記入欄
セット
商品番号
00014 賞味期限 製造から冷蔵保存で一週間
商品名
日の出 こだわりのさぬきうどん4パック SCO-4 送料区分 送料別
税込価格
¥2,160 配送タイプ
香川から発送(クール1)
税別価格
¥2,000 在庫 在庫有り
保存方法

■無添加ですので冷蔵庫に保存し、お早めにお召し上がりください。
■一度に召し上がれない場合は冷凍もできます。(袋のまま冷凍してください)
■つゆ付です。
■原料に小麦を使用しています。

表示
製造者 日の出製麺所