本田商店 奥出雲 生蕎麦

島根県 本田商店 奥出雲 生蕎麦 3袋(6食分)詰合せ
販売価格:2,430(税込)

のし
定期購買
記入欄
セット

00013-10

神話の国、出雲には”出雲蕎麦”がある!

日本最古の歴史書「古事記」そこに書かれた数々の神話は、ここ出雲が舞台だ。
旧暦10月は、全国的に「神無月」といわれるが、ここ出雲では「神在月」と呼ぶ。それは日本全国から八百万の神々が出雲に集まるので、全国各地では神が不在であるけれども出雲には神が在る(いる)月、という意味なのだ。
「平成の大遷宮」(平成25年5月予定)では、約60年ぶりに御本殿が新たに修造される。
※下の写真は拝殿
私が訪れたのは新暦の10月だったので残念ながら神々と出会うことはできなかったが、今回の目的である出雲蕎麦を堪能することができた。

00013-04

出雲蕎麦は、割子蕎麦と呼ばれる食べ方が特徴。それは三段の丸い漆器に盛られたそばに、好みに合わせて薬味をたっぷり乗せ、つゆをタップリまわしかけて食べる、というもの。薬味は、ねぎ、もみじおろし、のりが主流。つゆはやや甘めなので、そばにしっかり絡むところが堪らない。
割子蕎麦は花見の弁当として食べられたのが始まりだそうで、下の写真のような丸い漆器を使うようになったのは、明治時代に松江警察署長が発議したのが最初だといわれる。なぜ警察署長が?と思うところだが、当時は衛生管理も警察の所轄だったらしい。四角いお重では四隅が良く洗えず、不衛生だが、丸型であれば洗いやすいでしょう、というのがその理由だとか。

00013

※上の写真は本田商店より提供

奥出雲の入り口である木次町には、こだわりの生産者が多いのだ

今回は、宍道湖の南西に位置する雲南市の有限会社本田商店を訪ねた。本田商店では国産の厳選した玄そばや、有機そばを自家製粉して無添加のこだわりそばを作っている。
ところで、雲南市や隣接する奥出雲町には、本田商店以外にもこだわりの食品を作っている方が多い。低温殺菌のパスチャライズ牛乳で有名な木次乳業さん(雲南市木次町)や、伝統的な木桶製法でこだわりの醤油をつくる森田醤油さん(仁多郡奥出雲町)がある。これらのメーカーさんもいずれ当サイトでご紹介したいと思う。

本田商店の本田繁専務と営業の菅田さんにお話をうかがった。
こちらでは大正2年よりそばを作り始めたそうだ。5代目の本田専務(現在は社長)曰く、
「本来そばは体にいいもの。しかし最近の食品には保存料、添加物が多く使われているのが現状。添加物により賞味期限が長くなったり、保存が容易になったり便利な面もあるが、体にとって良くないんじゃないか?」という疑問がそばの原点を見つめ直すきっかけになったそうだ。そこから「食べて美味しい、身体に美味しい」をモットーとして、何も入れない、加えないのそば作りがスタートした。あくまでも、当たり前のことをやっているという意識が立派だ。

5代目にあたる本田繁専務(現社長 右)と営業の菅田さん(左)
00013-05

創業大正2年 本田商店が作るこだわりの蕎麦

出雲蕎麦の特徴は、そばを丸ごと製粉する“挽きぐるみ製法”にある。もちろん本田商店でも自家製粉で挽きぐるみしている。
“挽きぐるみ製法”とは、そばの実の甘皮まで挽き、外側ほど栄養価が高いそばの実をあますことなく使用し、そばの持つ滋味を味わいつくすことができる挽きかたなのだ。そのため麺は色黒に仕上がり、素朴な味わいが楽しめる。食べ方は割子蕎麦でも良いし、釜揚げ蕎麦でも良い。

00013--01
このページでご紹介する、「奥出雲 生蕎麦」は国産のそば(そば粉5割)と小麦を使用している。

00013-06

原料の玄そばの貯蔵庫を見学させていただいた。そばの風味を損なわない10℃の定温で保たれている。生産者から直接玄そばを調達し、自家製粉することで、挽き立ての香り高いそば粉を使うことができる。一般的に製粉業者からそば粉を仕入れると、麺を打つまで2週間程度かかるところを、本田商店では自家製粉から4日以内のものを使用基準としている。そばの香りをしっかり引き出すことに成功したのだ。

00013-07

そして、無添加でありながら製造工程を工夫することで90日の賞味期限を実現したところがすごい。

00013-08

「奥出雲 生蕎麦」はたれも付いているので、ご家庭で割子風に薬味をまぶして食べるも良し、釜揚げ風に食べるも良し。年越し以外での日常食として蕎麦を身近に食べてみてはいかがだろうか。

00013-10

出雲の情報はこちら

◆出雲・松江のお店情報

◆出雲の観光情報はこちら

商品のお届け状態

本田商店 奥出雲 生蕎麦

包装紙に包んでお届けします。

本田商店 奥出雲 生蕎麦

包装箱

本田商店 奥出雲 生蕎麦

6食入は 2食入パック×3パック(つゆも6食分入っています

本田商店 奥出雲 生蕎麦

是非、そば湯もお召し上がりください。

島根県 本田商店 奥出雲 生蕎麦 3袋(6食分)詰合せ
販売価格:2,430(税込)
のし
定期購買
記入欄
セット

商品番号
00013 賞味期限 製造から60日
商品名
本田商店 奥出雲 生蕎麦 3袋(6食分)詰合せ 送料区分 送料別
税込価格
¥2,430 配送タイプ
島根から発送(常温)
税別価格
¥2,250 在庫 在庫有り
保存方法

■保存料無添加ですので開封後はお早めにお召し上がりください。
■つゆ付きです。

表示
製造者 本田商店